基礎研究に
打ち込む生活を送る

自分に厳しくありたい

現在私は大学院生として基礎研究に取り組む生活を送っています。研究のテーマは「脳梗塞患者に対する幹細胞治療について」というもので、非常に注目されていると同時に、競争相手も多くやりがいの大きい研究です。

私は臨床医として7年間を過ごした後に基礎研究生活に入りましたが、自分の時間を自分でコントロールできるという点は、大きなメリットであると同時に、厳格な自己管理が求められることにも通じます。

常に自分に対して厳しさを忘れず、研究生活に打ち込みたいと考えています。

頭と体の両方を鍛える

高校3年生の進路選択の時に迷ったのが、建築家になるか、医師になるか、ということでした。最終的には、頭と体の両方を使って仕事ができるという点に魅力を感じて、医師を目指すことに。

今まさに臨床と研究の両方に従事することで、その想いがかなえられたと実感しています。「脳卒中科」に所属することで、カテーテル治療の分野では日本トップレベルの松丸先生から指導を受けられるという、大変恵まれた環境にいることができます。

ぜひここで最高の技術を吸収し、広く医療に貢献できるような人材になりたいと考えています。

松村 英明Hideaki Matsumura
大学院生
出身
筑波大学医学専門学群卒
趣味
アウトドア

脳卒中科 医師・研修医向け情報

  • 松丸 祐司Matsumaru Yuji

    筑波大学附属病院脳卒中診療グループ グループ長
    筑波大学脳神経外科 脳卒中予防・治療学(寄付)講座 教授

  • 早川 幹人Hayakawa Mikito

    脳卒中予防・治療学(寄付)講座 講師

  • 丸島 愛樹Marushima Aiki

    救急・集中治療部兼任 講師

  • 伊藤 嘉朗Ito Yoshiro

    附属病院 病院講師

  • 佐藤 允之Sato Masayuki

    附属病院 病院講師

  • 南本 新也Minamimoto Shinya

    クリニカルフェロー

  • 日野 天佑Hino Tenyu

    附属病院 病院助教

  • 荒木 孝太Araki Kota

    後期研修医

  • 丸山 沙彩Maruyama Saya

    後期研修医

  • 渡部 大輔Watanabe Daisuke

    大学院

  • 松村 英明Matsumura Hideaki

    大学院

軽井沢脳血管内治療セミナー
軽井沢脳血管内治療セミナー